不安 ランキング!

『新選組出陣』出版記念会(パーティー)のお知らせ・歴史時代作家クラブ

誤り:お名前の"塚本青史"先生は➜"塚本靑史"先生が正しい漢字です。お詫び致します。 歴史時代作家クラブの会員作家10 人による 初の ...

「南瓜屋」 春風亭一之輔

音声のみです.

「笑顔がE-ネ!」振付ムービー

コロムビアキッズ・ダンス講習会 「笑顔がE-ネ!」振付ムービー CD『2014 はっぴょう会(3) みてて!わたしプリンセス』より コロムビアキッズ・ ...

【感動】衝撃!猫の種類で性格診断7種!あなたのネコちゃんの性格結果は??(アメリカンショートヘア・ロシアンブルー・他)

日々楽しい動画を公開していきますので、是非チャンネル登録お願いします。↓↓↓ ありがとう感謝の動画 : http://goo.gl/R2RpD7 【感動】 ...

[重低音強化] 白翼ノ誓約~Pure Engagement~ セキレイ2期OP

音割れてるかもしれませんがスピーカーで聞くとそんなに気になりません 自分の場合w.

占いランキング
ここを友達に教える
ゲーム動画ランキング

不安 ランキング!

不安 アンジェリーク~白い翼のメモワール~〈上巻〉 [DVD]

事実上、アンジェリーク初のアニメーション作品。画面の出来は最高です。ただでさえ、麗しいキャラクターが揃っているのに、それがこうも綺麗に動いたとあっては、もうこの上ない目の保養です♪ アンジェリーク~白い翼のメモワール~〈上巻〉 [DVD] 関連情報

不安 愛蔵版 アンジェリーク トロワ

「ビューネ君」じゃないですけど、もう会社も課長も何もかもイヤ!!おまけに彼氏にも会えないし~って時に、「大丈夫♪」って包んでくれるこの一本。「これでもか!!」っていう愛の台詞に赤面しつつも、次は誰を落とすかな~、ってワクワクしつつ徹夜したり。言語中枢が男性より発達した女性としては、やっぱ言葉責めってありでしょう、というわけで台詞まわしとかもね、意外と凝ってて幼稚じゃないんですよ。単にスキだの愛してるだけじゃなくて、このシナリオライターの人はよくもまぁここまでいろんなパターンを思いつくな、と感心。まぁ単純なキャラもいますけど、それもまた需要ということで。看板アイドルは前作「天空の鎮魂歌」で切ない終焉をむかえた「皇帝」だった彼。順番から言って、「天空」より先にトロワはやらないほうがいいでしょう。何のことやらさっぱりわからず、「誰?このクロムハーツじゃらじゃらつけた男??」で終わってしまいます(笑)逆に「天空」をプレイした方は感慨もひとしお。ちょっと泣けちゃいます。でもまぁ、ちょっとあのまま思い出にしときたかったような気もしますが。最近の恋愛SIMの傾向に違わず、補佐してくれる同性の女のコも可愛くていいコ。思わず惚れそーです。やっぱ同性の親友ってかけがえないよね。彼女とのエンディングも「遙か2」みたいに存在してほしかったな。愛蔵版ではヘビーなアンジェリークファンではなくても物語が理解できるよう、OVAのプレストーリーがついています。この機会にぜひ。 愛蔵版 アンジェリーク トロワ 関連情報

不安 アンジェリーク~白い翼のメモワール~〈下巻〉 [VHS]

アンジェリーク~白い翼のメモワール~上巻から続く話。失った記憶を取り戻すため、アリオスと行動を共にするコレット。下巻の主役は、完全にコレットとアリオスなので二人のファンには、涙ものの一本ではないでしょうか。守護聖で活躍の場が多いのは、マルセルですね。EDを見て、何を思うかは、人それぞれ。ですが、このEDから、PS2ソフト『アンジェリークトロワ』に続きます。トロワをプレイしたことのある方は、また違った感動があるのではないでしょうか。プレイしたことのない方で、これからプレイしようと思っている方はぜひ先に、こちらを見てからプレイしてみてくださいね。 アンジェリーク~白い翼のメモワール~〈下巻〉 [VHS] 関連情報

不安 猫美車屋 業務用PROヘッドライト黄ばみ取り500ml 曇り取り

ほかの商品で大して綺麗にならなかったのに、この商品は1回で綺麗になりました。大満足です。 猫美車屋 業務用PROヘッドライト黄ばみ取り500ml 曇り取り 関連情報

不安 霍去病―麒麟龍彗星譚〈上〉 (河出文庫)

中国の武将、と聞くと、関羽や張飛などの三国時代の武将、または劉邦や項羽など秦の滅亡から漢の成立の時代の武将を思い浮かべる人がほとんどだと思います。他の時代にも、名将・知将がいなかったワケではないのですが、日本ではあまり知られておらず、いまひとつマイナーなままです。本書の主人公、霍去病もそんな一人。読めない人も多いのでは。日本語読みで「かくきょへい」と読みます。前漢の武帝の時代、何度も漢の領土に侵攻してきては、街を焼き略奪を繰り返していた匈奴の軍との戦いで、比類なき武功をたてて将軍の位につきながらも若くして夭折した人物。さぞやすごい人だったんだろうな。ただ、本書での霍去病は、自分の力を鼻にかけた、傲岸不遜な男にしか読めません。「生意気な若武者」くらいだったなら、まだ許せたのに、どうも好きになれませんでした。霍去病よりも、やはり匈奴との戦いで武勲のあった叔父の衛青をはじめとした武帝の周りに集まった人物たちのほうが、はるかに魅力的に読めました。 霍去病―麒麟龍彗星譚〈上〉 (河出文庫) 関連情報


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|野球|サッカー]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
占いランキング