占いランキング

中村紘子 ランキング!

中村紘子 アルゼンチンまでもぐりたい (中公文庫)

ピアニストという職業ならではというだけではなく、文章の端々から感じ取れる文才やチャーミングな人柄といった中村紘子さんの多彩な魅力があふれているエッセイ。読んでいると何となく「人生って楽しい!」という気分にさせてくれます。あとがきは女優の檀ふみさん。こちらもなかなか楽しませてくれます。 アルゼンチンまでもぐりたい (中公文庫) 関連情報

中村紘子 ピアニストという蛮族がいる (文春文庫)

中村紘子さんの著書は大変面白く、また、大変勉強にもなるので、遅まきながら購入しました。期待を違わない内容の濃さで、憧れのピアニストの世界がまた広く表現され、止まらない面白さでした。 ピアニストという蛮族がいる (文春文庫) 関連情報

中村紘子 乙女の祈り

今も昔もパワフルだったと証明させてくれます。 乙女の祈り 関連情報

中村紘子 エリーゼのために 中村紘子が選

丁寧な演奏は奇をてらったところがなく、ピアノのレッスンのたいへんよい参考になりました。 エリーゼのために 中村紘子が選 関連情報

中村紘子 どこか古典派(クラシック) (中公文庫)

数ヶ月前だか、NHKの番組で丸ごと一羽の鳥を大きな包丁で真っ二つにする中村さんを見た。ピアニストと刃物、それ程似合わない組み合わせはない。しかしそれから鮮やかな手つきで鳥をさばき、野菜を切り、その間に周りの洗い物と掃除を済ませていく手際のよさに、ただただ感心した。ピアニストとはそういった下々のなす事、炊事洗濯掃除とは無縁の別世界に住む方々と思っている人が多い。実際、あまりにも庶民とかけはなれた人が多いのだが、中村さんの場合は違う。料理を楽しみ、車の運転をし、本を読み、人生を楽しみ、そういった普通の感覚を持つ蛮族なのである。文章の簡潔にして明確、そしてところどころにちりばめられたユーモア、中村さんのお茶目な人柄を表した魅力的な文章である。芸術家たるものアンテナを張り巡らして様々な事を吸収してからこそ芸の重みも深まるというもの。この本で触れられていた早熟の天才たちが数年後に平凡なピアニストになってしまうのはこういった精神的な柔軟性が欠けているかれではないか、と思う。女性として、そしての母親として輝いている中村さんが100歳になった時の演奏会楽しみである。 どこか古典派(クラシック) (中公文庫) 関連情報


Loading...


ここを友達に教える