◆JPOPランキング◆

一夕会 ランキング!

一夕会 賊軍の昭和史

概念というか、切り口は特別に新しいものではなく、私ですら似たようなことをネットに書いているのだが、流石に歴史小説家だけあり、膨大な知識により理論に説得力を持たせているところが凄いのだ。既存右翼の昭和史観は、東京裁判の被告側に立たされた特定の人達による証言(一方的な裁判に対する抵抗、悪い言い方なら自己弁護)、これを根拠としているので、歴史資料としては極めて偏っており、東京裁判を無効とするなら被告側の証言も無効とし、幅広い資料から改めて歴史を構築するべきなのだ。話は逸れたが、特定のイデオロギーに因らず、史実から歴史を読み解くこの著者を、愛国を自称する人間ほど見習うべきなのだ。著者には人間の本質が見えている。良書です。産経系愛国者の著作の酷いこと酷いこと。当時の特定勢力の政治スローガンを史実と誤認して扱ってるからして。 賊軍の昭和史 関連情報

一夕会 賊軍の昭和史

全くの日本史素人としてとても楽しく読ませていただきました。さすがの対談と思われました。購入したのも、昭和だけではなく、古くからの官軍・賊軍という視点から、そのシンボルだといわれる「錦の御旗」と幕府の「日章旗」の関係などについて興味を持っているからです。具体的に錦や緞子がどのようなものであったかということから、長く使われていなかった「錦の御旗」が果たしてどのように認識できたのかまで、種々調べていたからです。ただ、資料が少なく五里霧中だったところで、「材料調達は幾松」との記載に気づき、あちらこちら調べましたが、確認できませんでした。このレビュー欄に相応しくないかもしれませんが、「三条の入れ知恵」という件もあり得そうな話であり、何らかの論拠があるかと思い探してます。どなたかご教示いただけるでしょうか。 賊軍の昭和史 関連情報

人気動画!


Loading...


ここを友達に教える