アニメ動画ランキング

斬 ランキング!

斬 あの頃映画 「狼よ落日を斬れ 風雲篇・激情篇・怒涛篇」 [DVD]

すでに大映、日活のなくなったあと、松竹でその二社から人を招いて撮った大作時代劇である。原作の良さもあるが、国弘威雄、三隅研次両名の脚色のできが作品の質を高めているといえる。高橋英樹、緒形拳、近藤正臣、西郷輝彦、松坂慶子、田村高広という陣容は、いまから見れば大した顔ぶれだが、それほどの集客力なく、興行的にはコケたという当時の評価であった。かなり力を注いで製作された提携作品だが、セットなどに低予算からくる安易なところが窺えたり、伊福部昭のマンネリ的音楽づくりに災いされたところもあるように思われる。三隅演出はなかなか緊張感、抒情感も出せているだけに仕上がりがもう少し作られ方が立派であれば、それなりに動員も可能であった作品だと思う。大作と言いながらどこか貧弱に過ぎた点が欠点であろう。また史実と違うということも歴史好き、あるいは幕末史・明治維新史好きを動員できなかった理由であったかも知れない。ただそれはロシア革命を背景にしたドラマ「ドクトル・ジバコ」をとりあげて、そう非難するのに似て、徒労な議論であると思われる。 あの頃映画 「狼よ落日を斬れ 風雲篇・激情篇・怒涛篇」 [DVD] 関連情報

斬 斬 (文春文庫)

綱淵謙錠の「斬」を読了。直木賞受賞作。200年以上に渡って、罪人の首を斬り続けた「山田浅右衛門」。山田家で受け継がれた名前は、その役目を終える日が近づいていたのである。時代の流れに翻弄される山田家を冷静なタッチで描いている。時代考証と物語を交互に絡めることで、物語に深みを与えている。緊張感のある物語となっている。それにしても首を斬り続けた男の心情はどんなものだったのであろうか。精神が状況を凌駕するのであろうか。それほどに武士の精神は強かったのであろうか。しかし苦悩は続く。ラストは本当に山田家の終焉を描いていた。現在ではありえない、存在し得ない一族の物語。 斬 (文春文庫) 関連情報

斬 斬魔大聖デモンベイン Nitro The Best! Vol.3

Nitro作品に興味があったのでとりあえずこちらを購入初の男性向け18禁ゲームでいろんな意味でドキドキちなみにCHiRALの方は咎狗とLamentoをプレイ済みですこのゲームの購入理由には男性キャラの声優の豪華さもありました主人公がヒーローになり巨大ロボットで悪の組織と戦う…って趣旨です以下ネタバレありまずはメインヒロインであろうアルから攻略(まだアルしか攻略していませんが)面白いです、主人公初めキャラもストーリーも王道なのに音楽のせいもあってかなんだかとても不思議面白い雰囲気流石はZIZZスタジオさん。Lamentoと、未プレイなのに沙耶のCDを持っていますがこれのCDも欲しくなりましたこの不思議な雰囲気はLamentoに近いなと思いました、あちらは完全なファンタジーですがロボットの登場シーンなどCGアニメに凄く力が入っていて感動しかし主人公のオカリンに負けない中二っぷりにドン引き主人公自体は容姿も性格も結構好きなんですが…(過剰な筋肉はちょっと…ですがまあそれは仕方無いですよね)途中からクトゥルー神話に突入してしまい、クトゥルーは魔界水滸伝でしか知らないのとロボットのバトルシーンが凄く長いのとで後半少々ついていけなくなりかなりスキップしてしまいました「燃え」に力を入れているからかHシーンはまあ普通…でしょうか悪くはありませんでしたがロボットものやクトゥルーが好きな方なら存分に楽しめるのでは。アルルートを終えて、長かったのと瑠璃、ライカ共に余り好みではないのとで(アルも特に好みではなかったですが…)多分もう他ルートはやらないと思いますがとても楽しめましたドクターウエスト製作のロボ少女エルザのルートが欲しかったですねー切実にせめてイベントだけでも欲しかった3人の攻略キャラよりロボ少女の方が断然好きです!語尾が「ロボ」なのにリアルに噴きましたw腐った意見としてはドクターウエストとマスターテリオンのルートを以下略追記・サントラ購入しました 斬魔大聖デモンベイン Nitro The Best! Vol.3 関連情報

斬 レザー 調 シフト ノブ ブーツ カバー 汎用 ( 青 )( 高級 カーアクセサリー )

加工が簡単で自分なりのカスタマイズができます。気に入りました。 レザー 調 シフト ノブ ブーツ カバー 汎用 ( 青 )( 高級 カーアクセサリー ) 関連情報

斬 斬魔大聖 デモンベイン

三流探偵、九郎はひょんなことから魔道書の精アル・アジフと契約してしまう。これにより魔術師として覚醒した彼は、悪の秘密結社ブラックロッジと戦うこととなる。巨大魔道兵器『デモンベイン』を駆り、戦え、大十字九郎!!デモンベインの雄姿、九郎のレベルアップとともに増していく必殺技、立ちはだかる強敵達、敗北と絶望の中から立ち上がる強い心・・・まさに巨大ロボット&ヒーローものの王道!最終決戦は圧巻だ。とにかく戦闘シーンが熱い。これを彩るのが珠玉のBGM。超人舞闘、魔人狂舞、鋼鉄の猛威、機神咆吼等の楽曲がめまぐるしく展開する攻防をさらにヒートアップしてくれる。物語のレベルも高い。ヒロインは3人。メインはもちろんアルなのだが、アルルートの満足感に浸りながら次に瑠璃ルートをプレイしたらこれまた深い!ライカルートはさらにひねりが効いており思わず唸った。物語の無限の可能性を感じさせる構成はさすがNitro+。本作をNitroの最高傑作に挙げる人が多いのもうなづける。是非PLAYすべし!ディスクレス起動不可。 斬魔大聖 デモンベイン 関連情報


Loading...


ここを友達に教える