◆JPOPランキング◆

インテル ランキング!

インテル ASUS ZenPadシリーズ TABLET / ホワイト ( Android 5.0 / 7.9inch touch / インテルR Atom Z3580 / 4G / 32G ) Z580CA-WH32

想像以上にサクサクです。転送速度が速いから重たいデータのやりとりも快適。ディスプレイにも拘ってるのか色合いというか画面がキレイです。microSDカード入れるとこに蓋がついているのはいいですね。残念な点が2つだけあります。・初期アプリが多くうざい。ASUS端末はこれがちょっとね。・バッテリーの消費がかなり激しい。他の方もかかれていますが予想以上に激しい。memopadや他社のタブレットと比べてもダントツにひどい。個人的にはバッテリー消費が激しくなければ満点でした。しかし値段からみると非常に完成度が高くおすすめの端末ではあります。 ASUS ZenPadシリーズ TABLET / ホワイト ( Android 5.0 / 7.9inch touch / インテルR Atom Z3580 / 4G / 32G ) Z580CA-WH32 関連情報

インテル ナイキ(NIKE) DRI-FIT ドライフィット INTER(インテル) SQUAD ウーブン ウォームアップ 610581 434 ブルーグロウ/ブラック/ブラック

良かったです(*^_^*)また買いたいです(*^_^*)安かったです(*^_^*)ありがとうございます(*^_^*) ナイキ(NIKE) DRI-FIT ドライフィット INTER(インテル) SQUAD ウーブン ウォームアップ 610581 434 ブルーグロウ/ブラック/ブラック 関連情報

インテル インテル Intel Dual Band Wireless-AC 7260 for Desktop 7260HMWDTX1.R

TVの横にある録画用PCに有線で接続していましたが、配線の処理が面倒なので購入。部屋の中を半周していたLANケーブルが無くなったので、部屋の中がスッキリしました。5GHzで接続出来るので、私の環境では有線LANと比較しても体感的には差異は感じません。ネットで調べ物とWindows Update、ドライバの更新程度なので十分です。私は使用しませんが、Bluetoothも使用出来る様です。3年保障なのも良いですね。お勧めです。 インテル Intel Dual Band Wireless-AC 7260 for Desktop 7260HMWDTX1.R 関連情報

インテル インテル戦略転換

さて、この会社、日本との因縁も深く、80年代に日本起業の猛追を受けて、事業転換するハメに。がしかし、日本に追い回されたコトが転機となり、会社を拡大してゆきます。壮大な決断のプレッシャーと、修羅場をくぐり抜けてきたからこそ、論理的思考と、感情の挾間を体感している著者。それだけに言葉に説得力があり、経営が好調な企業も、危ない会社も、好景気でも、不景気でも、いつでも読めるのが本書の素晴らしいところです。_____________________________________________________________さらには、自社の戦略を練るにあたり、ヒントも盛りだくさん。 1. 無闇に差別化しない (互換性を大切にする) 2. 最初に行動を起こす 3. ユーザと自社にとっての適正価格をつける_____________________________________________________________不安定な将来に対する備えのスキル 1. 心配性である 2. 情報を追い続ける 3. 成功の惰性に気付く 4. 専門性を派生させて手広く展開させておく 5. 社長に届く情報は、すでに手遅れな事態であるどの程度資源を割くか? どのくらい手広くしたほうが良いのか?単なる分析ではなく、実体験と実企業から著者が学んできた失敗や成功をベースに記述されています。 インテル戦略転換 関連情報

インテル LB パーティションワークス15

購入理由は、古いバージョンで壊れたパーティション情報の修復。どうでもよいことと思いますが、一応、経緯。1GBハードディスク(Windows7(64bit)とLinuxが同居)のPCで、Windows7側から古いバージョン(LBパーティションマスター10)を使って、Linuxパーティションの削除とWindows7パーティションの拡張などのパーティション操作をしていたころ、既存のパーティションの後方に、物理的に存在しないはずの複数のパーティションが追加される現象が発生(中には1GBを超えるパーティションもあり)。非アクティブのためWindows上からは認識されず操作不可でしたが、Windowsの再起動に難があり、前回正常起動の~で何とか起動可能な状態。さらに、その存在しないパーティションを削除したところ、正常なパーティション情報まで壊され(一部は変更、一部は削除)、Windowsの起動ができなくなった。古いバージョン(10)をCDから起動する方法で、Cドライブは非アクティブになっていただけなので、アクティブに切り替えることで修復できたものの、他の論理パーティション内に作ってあった複数のドライブは消失状態(未使用領域になっている)。古いバージョンの信頼性が怪しく思えたので、古いバージョンは削除し、新しいバージョン(15)をインストールして修復。幸い、パーティション情報以外は何も変更操作していなかったこともあり、削除パーティションの復元をセクタ単位検索で実行して、他のドライブも一応修復(論理パーティションだったものが、それぞれ基本パーティションになっちゃいましたが)。古いバージョンで壊れたものを、新しいバージョンで修復というのは、やり方としてどうなのか・・・とは思えるのですが、データを消失させずに修復できたので星3つ。 LB パーティションワークス15 関連情報


Loading...


ここを友達に教える