占いランキング

大谷康子 ランキング!

大谷康子 ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番

本日(2月23日)サントリーで、フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団、指揮コバケンで聴きました。(ブルッフとマーラー5)ブルッフは全体を通して素晴らしく、個人的には特に2楽章を聞き入ってしまった。一つ一つの音の間が絶妙であり、ホントに美しい。後半のマーラーでは自らコンミスをつとめ、彼女が完全にオケ全体を引っ張っていた。失礼かもしれないが、さすが東響を引っ張るコンミスだと思った。このCDにあるブルッフもライブのもので、ライブ特有の緊張感や雰囲気が感じられる。サンサーンスについては省略、是非聴いて、この雰囲気を少しでも感じてみては? ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 関連情報

大谷康子 1stポジションから3rdポジションまでで弾ける バイオリン名曲集

ヴァイオリンの発表会に弾ける曲を探して買いました。ずっと弾ける名曲がたくさん入っているので、いろんなシーンで利用できそうです。“カンタン”とありますが、ちゃんと弾きこなすには、やっぱりテクニックが必要。初級者ならば、先生にしっかり指導してもらいながら練習しないと・・・と思います。 1stポジションから3rdポジションまでで弾ける バイオリン名曲集 関連情報

大谷康子 大谷康子のお菓子なヴァイオリン・コンサート(仮)

  かつて大谷の録音したオペラの旋律から編曲された小品を録音したCDがあり、それがあまりに小粋であった。その期待が大き過ぎた性か、今回の CDは失望した。彼女の演奏に洒落っ気がないよりも何よりもあまりよい編曲に恵まれていないように思われる。とくに、アンダーソンから最後のR.シュトラウスにいたる主要な曲目でそれが顕著である。批評子が大いに期待していたのは、他でもないこのシュトラウスのバレエ曲「ホイップクリーム」からの組曲であった。CD冒頭の同じシュトラウスでもワルツ王の「ウィーンのボンボン」はよかった。編曲者に手練を得ない限り失敗する企画倒れのCDの典型と言えよう。 大谷康子のお菓子なヴァイオリン・コンサート(仮) 関連情報

大谷康子 ISR(ヴァイオリン) ラロ/スペイン交響曲 作品21 (ISR Collection International S)

やや特殊な楽譜は、田舎にいると手に入りづらい。amazonは便利ですね。 ISR(ヴァイオリン) ラロ/スペイン交響曲 作品21 (ISR Collection International S) 関連情報


Loading...


ここを友達に教える